アーユル チェアーは、子供に正しい姿勢を教える時に使うことができます。この椅子は、身長に合わせて適切なタイプが異なりますが、小学校や中学生ぐらいの子供なら、アーユル チェアーのルナがおすすめです。ルナは身長が140センチから170センチまでに対応している低身長向けのタイプで、特徴としてはベースの部分が丸ベースとなっていて、キャスタータイプよりも安定しているという特徴があります。また、別売りの足置きリングを使えば、身長が100センチぐらいから使用できるので、子供の勉強部屋や食事の際の椅子などとして活用できますね。

 

子供にアーユル チェアーを使わせて正しい姿勢を教えることには、たくさんのメリットがあります。まず1つ目は、姿勢が正しくなることによって長時間座っていても集中力が持続しやすくなります。背中や肩、腰の筋肉が凝りにくくなるので、ずっと集中力を維持できるのです。現在、アーユル チェアーを教室に導入している私立小学校や中学校、高校などの教育機関は多いですし、塾にもアーユル チェアーを導入することによって、子供達が少しでも集中できる環境づくりが整備されています。

 

自宅でもアーユル チェアーを活用したい場合には、アーユル チェアー・スツールが良いのではないでしょうか。身長が160センチ以下の子供の場合には、Sサイズを購入すれば高さが低めなので子供でも正しい姿勢で座ることができます。ダイニングチェアとして使うことができる他、座椅子とか座面シートとしても活用できるので、家庭では椅子ではなく床に座るという人でも、アーユル チェアーを活用できるでしょう。

 

子供部屋がフローリングになっている場合には、アーユル チェアーの中でもベーシックなオクトパスがおススメです。足の部分がキャスターになっているので動きやすいですし、対象身長は150センチ以上なので、高校生ぐらいならオクトパスでも十分にOKではないでしょうか。ケースバイケースでいろいろな使い方ができるのが、アーユル チェアーの魅力と言えるでしょう。

 

アーユル チェアー公式サイトはこちら!!