腰痛にはいろいろな原因があります。生活習慣などが原因の場合には、それを改善すれば腰痛が起きにくくなることも少なくありません。しかし、内臓疾患が原因で起きている腰痛の場合には、どんなに生活習慣や姿勢を改善しても、症状は軽減されることはありません。それだけでなく、内臓疾患が進行すると、腰痛の痛みも悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

 

内臓疾患の中でも骨格系疾患の一つの症状として腰痛がある疾患には、
・椎間板ヘルニア
・変形性脊椎症
・腰部脊柱管狭窄症
・すべり症
などがあります。これらの疾患は整形外科などでレントゲンを撮れば発見できる疾患が多いので、慢性的な腰痛があって、なかなか症状が良くならないような場合には、ぜひ整形外科に相談してみてください。

 

内臓の病気が引き起こす症状には、腰痛以外にも次のような症状があります。

 

・寝ている時に腰が痛い
・麻痺したり、しびれるような感覚がある
・排便や排尿の時に何か異常がある
・体が熱い
・冷や汗が出やすい

 

などの症状が続く場合には、内臓疾患が原因の一つとして腰痛が現れているのかもしれません。内臓系の疾患が腰痛を引き起こしているものには、

 

・子宮がん
・子宮内膜症
・血管閉塞
・膀胱系の疾患
・腎臓系の疾患
・脾臓系の疾患
・胃腸系の疾患

 

などが考えられます。こうした内臓系の疾患は、年に一度の定期検診を受けていれば、そこで発見されることも多いのですが、場合によっては見つからないこともあるので要注意です。慢性的な腰痛がひどくなったり、腰痛以外にも体の調子が悪いと感じることが多かったりした場合には、内科や婦人科を受診したりして、検査をしてもらうことが必要です。

 

こうした疾患が原因で腰痛が起きている場合には、放置しても自然に痛みがなくなることはありません。腰痛の心当たりがある場合には、姿勢をまっすぐにしたり、背骨や腰のストレッチなどをしながら様子を見ることも大切でしょう。しかし、なかなか症状が良くならないような場合には、我慢せずに専門家に相談するようにしてくださいね。

 

アマゾンで今人気の腰痛予防対策商品を見る!

 

腰痛対策商品 当サイト人気ランキングを見る!