激しい腰痛を伴う尿路結石は、腎臓で作られた石が尿道に降りてきて尿路を詰まらせてしまうという疾患です。割と多くの人がかかる疾患なので、政治家や芸能人がかかったりするとテレビのニュースで放送されたりすることもありますよね。そのため、実際に患ったことはなくても名前は知っているという人は多いようです。

 

尿路結石が起きると、尿路およびその周辺に激しい痛みが起きてきます。どのぐらい痛いのかは個人差があるようですが、我慢しようと思えば我慢できるぐらいの痛みから始まるという人もいれば、いきなり冷汗が噴き出してしまうほど強烈は痛みが始まるという人もいたりするようです。尿路結石になると尿路に石ころが詰まっているので、それを取り除かない限りは、痛みが消えることはありません。

 

尿路結石の治療は、尿路に詰まった結石がどのぐらいの大きさなのかによって判断されることが多いようです。一般的には、結石が5ミリ以下の場合には、痛みどめを使いながら自然な排尿によって石が体の外に排出されるまで待つことが多いようです。

 

結石の大きさが5ミリ以上のサイズの場合には、体外衝撃波結石粉砕術などの施術によって、一つ一つの大きさを細かく粉砕し、自然な排尿で排出するような治療が行われます。場合によっては、結石の大きさが10ミリを超えるほどというケースもあるようですが、急に我慢できないほどの痛みが出た場合には、救急車を呼ぶなりして、早急に専門家の診察を受けてくださいね。

 

尿路結石を発症すると、尿路や周辺に痛みが出ますし、それを腰痛として感じる人も少なくありません。尿路結石の治療が完全に終了するまでは、その腰痛もなかなか手ごわくてキツイこともあるようですが、治療とともに腰の痛みは引いていくので安心してくださいね。むしろ、痛みをかばうために変な姿勢や癖をつけてしまい、それが腰に負担をかけて腰痛の原因にならないように気を付けるようにしましょう。

 

アマゾンで今人気の腰痛予防対策商品を見る!

 

腰痛対策商品 当サイト人気ランキングを見る!