ふとした瞬間に、腰に強烈な痛みが走り、その瞬間からしばらくまっすぐに立ち上がるだけで腰が痛んだり、まっすぐに普通に歩けなくなってしまうこともあります。それが、ぎっくり腰と呼ばれる症状です。運動不足や加齢などが原因で起こりやすいぎっくり腰は、腰痛ベルトを装着することで痛みを軽減することができます。ぎっくり腰でも仕事に行かなければいけなかったり、ぎっくり腰だからと言って寝たきりになることができない場合などには、とても便利なアイテム。慢性的な腰痛で悩んでいる人なら、一着は持っていると重宝するアイテムなのではないでしょうか。

 

腰痛ベルトは、骨盤ベルトと呼ばれることもありますが、どちらも基本的には腰のあたりで占めるという機能は同じです。ドラッグストアや健康グッズを販売しているショップなどで購入することもできますし、ネットショップを利用しても購入できます。ベルトといってもマジックテープのようなもので自分のウエストの太さに合わせて占めることができるので、あまりサイズにこだわる必要がないのも、このベルトの素晴らしい点ですね。

 

腰痛ベルトには、いくつかの種類があります。ウエストの周辺にまくためのベルト、背中の部分に芯が入っていて太い腹巻のようになっているもの、また、腰骨や股関節ぐらいの下の位置で占めるものなどもあります。どのタイプが良いのかは実際に装着してみて楽だと感じるものが良いのですが、確実に痛みを軽減したい場合には、できるだけ太さがあって背中の部分にサポート機能がついている芯が入ったものにすると良いでしょう。

 

汗をかきやすい季節には、メッシュ素材など通気性が良いタイプの腰痛ベルトもおすすめです。

 

「腰痛ベルトを締めても痛みがなくならない」
痛みの度合いがひどい場合には、そういうこともあります。きつめに占めても痛みが軽減されない場合には、無理に日常生活を遂行しようとするのではなく、温湿布や冷湿布などを貼ったりしながら、腰の部分で起きている炎症を抑える治療を先に行うことも必要です。

 

最後に今人気の腰痛ベルトを紹介しますね。それは「お医者さんの背すじベルト」です。興味がありましたらぜひ詳細をご覧になってみてくださいね。