腰痛は、背中や腰を支えている筋肉を鍛えてあげることで、症状を軽減することができたり、腰痛が起きにくい丈夫な体質を作ることができます。そのために特別なエクササイズをする必要はありません。毎日ちょっとしたストレッチで、腰周辺の筋肉を鍛えることができます。

 

腰痛改善のためのストレッチは、凝りやすい腰の筋肉が柔らかくほぐれている状態で行うのが理想的です。たとえばシャワーや湯船につかったりしたお風呂の直後や、運動をした直後など、体が温まっている時に行うとよいでしょう。筋肉が温まっている時には血液の循環もよくなっているので、ストレッチした部分の筋肉に酸素や栄養素が行き届きやすくなっていますし、筋肉も柔軟性がアップしているので、ストレッチ効果もさらにアップしてくれます。

 

もちろん、それ以外のタイミングでストレッチをしてもOKです。腰のコリがひどいとき、腰痛がひどい時など、自分で腰をストレッチしたいなと感じた時に行うのもOKですが、その場合には、痛みが悪化しないように加減しながらストレッチするようにしてくださいね。

 

腰痛軽減におすすめのストレッチは、ハムストリングと呼ばれるストレッチ。これは背中や太腿など、体の背面部分の筋肉を全体的にストレッチしてあげる方法で、腰の筋肉のみをストレッチするわけではありません。腰からお腹にかけての筋肉、腰からお尻にかけての筋肉、そして腰から背中にかけての筋肉を伸ばしてあげることによって、腰執念をバランスよく鍛えることにつながります。

 

腰痛改善のストレッチを行うときには、呼吸もとても大切です。筋肉を伸ばしている時にどうしても息を止めてしまう人も多いのですが、自然な呼吸をしながら、ストレッチしている筋肉に十分な酸素を送り続けましょう。そして、一回のストレッチは、できれば30秒ぐらいかけて筋肉を伸ばしてあげるようにするのもおすすめです。ゆっくりを筋肉を伸ばしていけば、無理なくストレッチできて筋肉の可動範囲を広げることもできますし、筋肉のダメージを避けることもできます。

 

アマゾンで今人気の腰痛予防対策商品を見る!

 

腰痛対策商品 当サイト人気ランキングを見る!