東洋医学の素晴らしい魅力でもある「ツボ」。人間の体には全身に無数のツボがあり、それぞれ意味や作用する部位が異なります。ツボを刺激することによって体内の気や血の流れを改善することができたり、疾病や疾患の症状を軽減することができたりするので、ツボ押しが大好きという人も少なくないですよね。

 

腰痛の症状を改善するツボの多くは、腰の周辺に集中しています。

 

・命門(めいもん)
おへそからちょうどまっすぐ後ろにいあった場所にあるツボは、命門と呼ばれるツボです。腰痛の痛みを軽減する効果が期待できるだけでなく、勢力をアップする効果も期待できます。ただし、肌の上から触れると、背骨にあたる部分なので、あまり強烈な力で押さないようにしましょう。

 

・志室(ししつ)
命門の両脇にあるツボで、両手を体の後ろに回して親指で押すと、痛くて気持ちが良いと感じる場所です。腰痛になりやすい人ほど、ツボを押すと快感を得ることができる場所ですが、実際に腰の痛みがひどい場合などに志室を押すのも効果的です。

 

・陽関(ようかん)
体の側面を触れると、腰骨の上部を確認できると思います。その高さで背骨とぶつかる場所にあるツボが、陽関と呼ばれるツボ。腰や膝などの関節痛による痛みを軽減する効果があったり、神経痛などの症状緩和の効果が期待できます。

 

・中封(ちゅうほう)
ぎっくり腰におすすめのツボですが、このツボは腰の周辺ではなく、足のくるぶしの付け根あたりに存在しています。足首のしたぐらいの高さで、体の内側にあるくるぶしの横ぐらいを親指で押してみてください。押してみて痛みを感じる場所を見つけたら、それが中封です。

 

・附陽(ふよう)
坐骨神経痛など、腰痛の痛みがびりびりとした神経系の痛みとして感じる場合におすすめのツボです。外側のくるぶしの少しだけ上で、アキレス腱の少し前あたりにあるツボです。なかなか見つけにくいのですが、親指で押して痛いなと感じるスポットです。

 

アマゾンで今人気の腰痛予防対策商品を見る!

 

腰痛対策商品 当サイト人気ランキングを見る!