腰痛を予防するには、腰痛が起きる原因を理解して、原因ごと取り除く工夫と努力が必要です。

 

・疾患が原因の腰痛
内臓疾患が原因の場合には、腰の痛みがその疾患の症状として現れることがあります。疾患を治療すれば腰痛も完治しますから、専門家に診てもらって疾患の治療をしてください。

 

・背骨に負担がかかるタイプの腰痛
猫背だったりして姿勢が悪かったり、肥満で体重の負荷が背骨にもかかっている場合はもちろん、運動不足で筋力が低下している場合なども、背骨を支えることができなくなるので、その負荷がすべて背骨や腰などの中枢部分にかかってしまいます。

 

また、無理に激しいスポーツをしたりして、背骨や腰に無理な負荷をかけた場合にも、腰痛が起きることがあります。普段から筋トレやストレッチなどをする習慣があればよいのですが、普段から運動不足だという場合には、できるだけストレッチをしたりして、腹筋と背筋を低下させないように心がけることで腰痛を予防することができます。また、姿勢を正しくして背骨や腰に過度の負担をかけないように心がけたり、体重をコントロールして骨格にかかる負担を減らす努力も必要です。

 

人間の背骨は、自然にS字カーブを描いています。これは、背骨にかかる負担を逃がしながら腰で上半身を支えるために必要なカーブというだけでなく、体を曲げたり伸ばしたりしやすいようにできているから。背骨には一本の骨が入っているのではなく、細かい骨がいくつも積み重なってできているため、これらの骨同市の間隔をストレッチなどで伸ばしてあげることも大切です。デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいる時間が長い人は、こまめに休憩をとってストレッチをしたりするなど、できるだけ同じ姿勢で長時間過ごさないように工夫するのも良いでしょう。

 

腰痛防止にもっとも有効なのは、ウォーキングです。通勤時間を利用したりして、普段からできるだけ歩く習慣を心がけると、腰痛になりにくく健康な骨格を手に入れることができるはずですよ。

 

アマゾンで今人気の腰痛予防対策商品を見る!

 

腰痛対策商品 当サイト人気ランキングを見る!