猫背だったり、姿勢が悪い人ほど、腰痛になりやすいものです。最近では、デスクワークやパソコンワークで座りっぱなしの時間が長い人も、生活習慣によって姿勢が悪くなり、それが腰痛を引き起こしていることも少なくありません。

 

姿勢を良くすれば腰痛にもなりにくくなるものですが、具体的にどんな姿勢をこころがけたらよいのでしょうか?

 

椅子に腰かける場合には、みなさんどのように座っていますか?最近では職場の椅子も、長時間座っていてもお尻が痛くならないように配慮され、クッションがふかふかしているものもたくさんあります。全体的に体よりも大きめで、背もたれも高く作られているものもたくさんありますよね。

 

実は、そういう椅子に「快適だな〜」と深くゆったりと腰掛けてしまうのは、腰痛防止という点ではNGです。椅子の背もたれにお尻がつくほど深く座ってしまうと、背骨と太腿が作る角度が、90度以下の鋭角になってしまいます。それだけではありません。上半身がどうしても前かがみになってしまうため、上半身の重さが骨盤に対して斜め前からかかることになり、それが腰痛の原因にもつながります。

 

理想的な腰掛け方はズバリ、できるだけ椅子には浅く座り、お尻ではなく太腿で椅子に寄りかかるようなイメージで腰掛けるスタイル。上半身と太腿の角度が90度ではなく、鈍角になるぐらい浅めに腰掛ければ、腰に負担がかかりにくくなるので痛くなりにくくなります。腰痛防止の座布団などを利用すると、座布団の前部と後部の厚さが異なっているので、自然と浅く腰掛けているような姿勢を作ることができます。

 

リクライニングできる椅子やソファに座る場合には、リクライニングしているような感じで後ろ側にのけぞるように座ったほうが、腰痛を起こしにくくなります。映画館など、長時間同じ姿勢で座り続ける場合には、直角に座るのではなく、体をリクライニングさせて腰にかかる負荷を軽減してあげると疲れにくくなりますよ。

 

アマゾンで今人気の腰痛予防対策商品を見る!

 

腰痛対策商品 当サイト人気ランキングを見る!