腰痛になると、立っていても座っていても、どんな姿勢をしていても痛いですよね。腰痛の原因にはいろいろなものがありますが、体内の疾患が原因している腰痛以外の場合には、腰の部分の筋肉を鍛えてあげることによって、腰の痛みを和らげることができる場合があります。

 

腰の骨を支えている筋肉を鍛えるには、筋トレのようなハイレベルな運動をする必要はありません。背筋、腹筋、そして周辺の大腿部の筋肉などもバランスよくストレッチしながら、骨を支えているインナーマッスルを鍛えるようにするとよいでしょう。ヨガなどのストレッチ系エクササイズがぜひおすすめです。痛みを感じるポージングをすると痛みにかえって負担をかけてしまうので、痛くないポージングや、寝ている状態でできるストレッチなどをトライしてくださいね。

 

寝ている時や仕事中などに、ずっと長時間同じ姿勢を取り続けることも、腰痛がひどくなる原因になってしまいます。パソコンワークやデスクワークをしている人ならこまめに休憩をとったりしながら、腰にできる竹負担がかからないように心がけることもおすすめです。

 

普段の生活の中で、姿勢を正しくキープするように心がけることも、腰痛を和らげる効果があります。普段から背中が丸まっていたり猫背だったりすると、それが慢性化してしまい、姿勢正しくするとかえって疲れてしまったり、肩が凝ってしまうこともあるかもしれません。しかし、楽だからと言って猫背のままでは腰痛はかえって悪化してしまいますから、できるだけ上半身の重みを腰に真上から乗せてあげるように意識しながら姿勢をピンとすることを心がけてみてくださいね。

 

腰痛がひどい場合には、マッサージや超音波療法などの施術院での治療を受けることもおすすめです。原因を取り除かずに施術院での治療を受けても、それは一時的な解決にしかなりませんが、痛くて日常生活にも影響が出るような場合には、ぜひ施術を受けて少しでも楽にするとよいでしょう。

 

アマゾンで今人気の腰痛予防対策商品を見る!

 

腰痛対策商品 当サイト人気ランキングを見る!