どれだけ質の高い睡眠をとるかによって、翌朝の寝覚め方やシャキシャキ感は大きく異なります。人間の一生のうち、3分の1は睡眠時間ですし、眠っている間には新陳代謝が活発に行われているため、疲れやストレスが解消されたり、内臓器官や肌の細胞が新しく生まれ変わり、ダメージがリセットされています。そんな快適な寝心地を手に入れるためには、眠るときに使用しているマットレスを見直すことがおすすめです。

 

「雲のやすらぎ」は、敷布団の寝心地度部門や腰に負担がかからない敷布団部門でなんと人気ランキング1位を獲得した実績を持つ寝具。まるで雲の上で寝ているような快適な寝心地を手に入れることができます。ベッドに使うマットレスではなく、敷布団タイプになっているので、狭い住宅でも問題なく使えるのが特徴です。

 

雲のやすらぎは、敷布団としては極厚の17センチという厚さがあり、5層構造になっています。クロスクラウド製法という独自の製法が取り入れられていて、眠ると体圧がバランスよく分散するので、腰痛がひどい人でも腰の痛みを感じることなく朝までグッスリ熟睡できます。

 

それだけではありません。雲のやすらぎは通気性も抜群。人間は寝ている間にも汗をかき、その量は一晩でコップ1杯程度と言われているほどです。敷布団が熱いと、中の繊維に汗が吸収されてダニやカビの原因になってしまうことも多いのですが、雲のやすらぎは通気性が抜群なので、繊維の中に湿気を閉じ込めないのが特徴。

 

毎日布団を干すことができなくても、毎日最適な湿度をキープすることができます。また、防ダニ加工や抗菌防臭加工も施されているので、長く使い続けたい人にもおすすめです。ちなみに、防ダニ棒金防臭加工は寝具の老舗メーカーでもあるテイジンのマイティトップIIによるものなので安心です。

 

床の上に直接敷く敷布団は、使っているうちに厚みが減って、床付き感が出てきてしまうことも多いものです。しかし雲のやすらぎなら、たっぷり厚めにデザインされているだけでなく通気性も抜群なので、いつでもどこでも快適な眠りを約束してくれます。床に直接敷いても良いですし、ベッドにマットレス代わりに敷くのももちろんOK。場所を選ばずに使えるのも、雲のやすらぎの大きな魅力といえます。

 

雲のやすらぎ公式サイトはこちら