デスクワークやパソコンワークなど、座ったままの状態で状時間をすごす人の中には、慢性的な腰痛で悩んでいる人も多いと思います。ずっと座ったままの状態でも、できるだけ腰に負担をかけないように座ることができれば、座りっぱなしでも腰痛とは無縁でいることも可能です。

 

そのためには、椅子の選び方や、椅子の座り方に注意しなければいけません。

 

私たちが快適だなと感じる椅子は、ふかぶかとお尻を沈ませることができて、、臀部で座るタイプの椅子が多いものです。座った状態の骨格を体の側面から見てみると、太腿と背骨が90度以下になっていて、背中が丸まっていることが分かると思います。この状態では、どうしても腰に負担をかけてしまうため、長時間座っていると、其れだけで腰痛の原因になってしまうわけです。

 

そうはいっても、職場の椅子を自分の腰痛のために変えてもらうのも心苦しいですよね。実は、椅子を変えなくても、座り方を注意するだけで、どんな椅子でも腰に負担をかけずに座ることが可能になります。

 

一言でいうなら、「椅子には浅くすわり、背もたれに背中はつけない」座り方で座ってみてください。うっかりすると椅子から落ちてしまうほど、椅子の手前に太腿で座っているような感じが理想的です。この時に、椅子の座面が前かがみになっていたりすると、自然に背筋も伸びるのでさらに理想的なのですが、そうでない場合にはできるだけ椅子の手前に座って、背筋をまっすぐな状態にキープできるように練習しましょう。イメージとしては、「座っている」感覚ではなく、「椅子に軽くよりかかっている」感覚がOKです。

 

腰痛の原因にもいろいろありますが、快適な椅子の上で腰を丸めたり背筋が丸まってしまうと、上半身の負担がすべて腰に来てしまうため、どうしても腰痛になりやすくなってしまいます。普段の生活の中でもできるだけ腰に負担をかけないように心がけることで、腰痛になりにくい健康な体をゲットすることができます。

 

今人気の腰痛改善ストレッチ「福辻式」DVDの詳細を見てみる