妊娠中にはおなかが大きくなることで体の前後バランスが崩れ、その負担が腰に来て腰痛を起こしやすくなります。ようやく出産して、これで腰痛ともサヨナラだと思っていたのに、なかなか痛みが治まらないなんてことも少なくありません。実は、腰痛は出産前だけでなく、出産後にもハイリスクなのです。

 

出産直後の女性の体は、出産によって完全に開き切ってしまった骨盤がもとに戻ろうとするだけでなく、慣れない姿勢で新生児をだっこしたり、無理な体勢で授乳していたりして、腰椎や椎間板など腰周辺の関節や骨格などが圧迫されやすい生活習慣になりやすいものです。しかし、出産直後の場合には、2時間おきに行わなければいけない授乳に追われ、昼だか夜だかもわからない生活が続いて極度の疲労状態が続きますし、自分のことよりも赤ちゃんのことを優先してしまうため、少し位腰が痛くても気にせずにやり過ごしてしまう人も少なくありません。

 

妊娠する前から腰痛が起きやすかった人などは、妊娠と出産をきっかけにして腰痛が悪化してしまわないように、育児中でも腰痛防止の体操を心がけるようにしたいものです。 「育児で忙しいのに、体操なんてしている気力も時間もない」 という人も多いと思います。しかし、キャットやテイルワグと呼ばれる簡単な腰痛防止エクササイズは、誰でも簡単にできるだけでなく、エクササイズと意識することなく生活の中に自然に取り入れることができるので、ぜひおすすめですよ。

 

まず、キャットは、床の上に四つん這いになり、背中を猫のように丸めて持ち上げたり、凹ませてそらせたりするだけのエクササイズです。また、テイルワグはその状態でお尻を左右にブラブラと振りながら背骨を左右に揺らすように動かすだけでOK。簡単にできますし、赤ちゃんがお座りできるようになったら、背中に乗せてキャットやテイルワグをすれば、赤ちゃんも大喜びすること間違いなし。この二つは簡単にできて時間もかかりませんから、知っておくと便利な腰痛防止の体操です。

 

今人気の腰痛改善ストレッチ「福辻式」DVDの詳細を見てみる